緑内障は眼科で治療しよう|目の健康を守る専門医

医者と看護師

症状の改善と対策

2人の看護師

緑内障の症状を改善するには、眼圧を下げる食事を中心にする必要があります。加齢で発症することが多いので、40歳になったら定期的な検診が必要です。高血圧や血行障害がある人はリスクが高いので特に気を付ける必要があります。

読んでみよう

学んで備える、眼疾患

ハートを持つ看護師

介護はどうなる

高齢者や近視患者の増加により、緑内障患者は増加しています。高齢化が止まりそうにない日本において、今後も緑内障の患者数は増加すると予想されます。では緑内障患者の増加で、介護はどうなっていくでしょうか。緑内障の悪化は、視力低下や失明につながりますから、患者数の増加は介護する機会の増加と比例します。眼科にかかった状態で介護が必要になった場合、まず眼科の医師に主治医意見書を書いてもらい、役所に提出する必要があります。あとは行政の審査を受け、介護保険の利用の可否が分かります。日常生活においても、生活用品の買い替えが必要になります。近年、視力障害者用の料理器具や書籍、時計などが販売させるようになっています。今後もこれらの分野の商品数は増加すると予想されます。

どうして見えなくなるのか

目が見えるとはどういうことでしょうか。人間は物が反射した光情報を目でキャッチして脳内に送り、画像と認識することで物を見ています。この経路の中には、カメラで言うレンズにあたる水晶体や光情報をとらえる視神経などがあります。緑内障の場合、水晶体などを潤す液体の循環に問題が起こります。この液体がうまく循環できなくなり、目の中にたまって目が奥の方に押されてしまうのです。目の奥には上述した視神経があり、押されてきた目によって視神経が圧迫されて機能低下してしまいます。視神経は一度死滅してしまうと元に戻りません。視野欠損といって一部分だけ見えなくなるのは、見えなくなった部分の視神経が死滅したことを意味します。視神経を保護するためには、緑内障の早期発見が要です。緑内障を早期発見するためには、病院での検査が一番です。中高年になったら、かかりつけの眼科を持って半年に一度の検査を行なうようにしましょう。また、健康な若者であっても、早期予防のために一年に一回の眼病検査を行なっておくのが良いです。若いうちからの予防が、緑内障患者増加の歯止めとなります。

目の病気で手術をする

笑顔の女の人

緑内障の手術では局所麻酔を使用するため体を動かすことができます。そのため咳やくしゃみなどで、顕微鏡を使って治療している医師に負担をかけないよう注意する事が大切なのです。緑内障の治療には線維柱帯切除術と隅角癒着解離術があります。どちらも房水の流れを改善することを目的に行われています。

読んでみよう

定期検査を知ろう

目元

緑内障による視力低下の症状は、自覚できない場合が多いです。そのため定期的に検査して視力を確認する必要が出てきます。眼圧は個別性があり、時間によっても変動します。一方で寒い季節には上昇するといった規則性もあるので、緑内障患者はこれらの知識をもって治療に当たることが大切です。

読んでみよう